WoT の装甲貫通インジケータで使用されている装甲貫通率の算定方法をまとめました。 (注: この文書は 0.9.19.0.1 までの装甲貫通インジケータの仕様に基づいて書かれています。 現在の装甲貫通インジケータについては WoT 装甲貫通インジケータにおける装甲貫通率 を参照してください。)

装甲貫通率の計算

getShotResult

装甲貫通率の計算は scripts/client/AvatarInputHandler/gun_marker_ctrl.py の 関数 getShotResult で行われています (WoT 0.9.19.0.1 の場合)。

getShotResult は判定結果として クラス SHOT_RESULT 内で定義されている定数のいずれかを返します。 SHOT_RESULTscripts/client/AvatarInputHandler/aih_constants.py で定義されています。

変数名 概要
0 SHOT_RESULT.UNDEFINED 判定対象外 (味方など)
1 SHOT_RESULT.NOT_PIERCED 非貫通
2 SHOT_RESULT.LITTLE_PIERCED  やや貫通
3 SHOT_RESULT.GREAT_PIERCED ほぼ貫通

着弾距離の算定

着弾点 $X_{\text{hit}}$ と自車輌の位置 $X_{\text{me}}$ の差から着弾距離 $L$ を求めます。

貫通力の算定

主砲の特性値として 距離 100m の貫通力 $P_{100}$、 距離 500m の貫通力 $P_{500}$、 最大到達距離 $L_{\text{max}}$ が定数として定められています。

このうち、 距離 100m の貫通力 $P_{100}$、 距離 500m の貫通力 $P_{500}$ から 距離 $L$ の貫通力 $P$ を求めます。

貫通力は距離に応じて減少するものとして、 距離 100m から最大到達距離 $L_{\text{max}}$ までの区間の貫通力 $P$ は線形補間によって求めます。 ただし、距離が 100m 以下の貫通力は $P_{100}$ で一定とし、 距離 $L$ が最大到達距離 $L_{\text{max}}$ を超える場合には貫通力は 0 とみなします。 最大到達距離のところで貫通力の値が不連続になる可能性に注意してください。

貫通率の算定

装甲厚 $t$ と貫通力 $P$ から貫通率 $R$ を求めます。 貫通力が装甲厚に等しい ($P = t$) とき、 貫通率 $R$ は 100 となり、 貫通力が高いほど 0 に近づきます。

ここでの装甲厚は垂直方向の厚さであって避弾経始の効果は考慮されません。

装甲貫通インジケータの画像の選択

ShotResultIndicatorPlugin

装甲貫通インジケータの画像の選択は クラス ShotResultIndicatorPlugin の 関数 __updateColor で行われています。 ShotResultIndicatorPluginscripts/client/gui/Scaleform/daapi/view/battle/shared/crosshair/plugins.py で定義されています (WoT 0.9.19.0.1 の場合)。

画像の選択

貫通率 $R$ の値によって、装甲貫通インジケータの評価が決まります。 評価は3段階で、評価に応じて装甲貫通インジケータの画像が選択されます。

貫通率 R 評価 default color blind
90 以下 great pierced (ほぼ貫通) green green
90 ~ 150 little pierced (やや貫通) orange yellow
150 以上 not pierced (非貫通) red purple